ワキガを自覚するために必要なこと

###Site Name###

ワキガを自覚するためには必要なことがあります。
それは、ワキガの原因となっている汗が普通にかいている汗とは性質そのものが違うと言うことなのです。


これを理解していると自身が悪臭を放っているかどうかを簡単に判断できるようになります。



なぜこのようなことを知っておかないといけないのかと言うと、そもそもワキガの悪臭と言うのは自覚症状を持つことが出来ない典型的なものだからです。

これは非常に簡単な理由で、鼻が悪臭に慣れてしまうからです。

発生している悪臭は周りにいる人たちに対してすぐに到達するのですが、悪臭を放っている本人はその臭いに慣れてしまい自覚を持つことが出来ないわけです。だからこそ、悪臭を発生させているかどうかをきちんと確認する必要があります。



悪臭の原因となっているものは、アポクリン汗という特殊な汗の成分なのです。アポクリン汗には普通の汗には含まれていない成分が含まれていますので、この成分を調べることによって簡単に悪臭の自覚を持つことが出来るようになります。
具体的にどのようにするのかと言うと、色を見るのです。

アポクリン汗は無色ではなく色がついているものなので、悪臭を放っていると着ている服に黄色い蛍光色を持った汗が付着することになります。



これを見ることによって、自身がワキガかどうかを判断することが出来るようになるのです。ワキガは、慢性的な疲労を伴うものなので治療するとそれだけで健康的な身体を手に入れることができるようになります。

自覚があるときには積極的に治療したほうが賢明なのです。